MARCHESINI マルケジーニ ホイール本体 アルミニウム鍛造ホイール M7RS Genesi [ジェネシ] カラー:SUPER WHITE(ソリッドホワイト) バンディット1200 バンディット1200Sカラー:GUN METARL-1(ガンメタリック タイプ1)はこちら
カラー:GUN METARL-2(ガンメタリック タイプ2)はこちら
カラー:HONDA ORENGE(ホンダ系オレンジ)はこちら
カラー:ITALY GOLD(ゴールドメタリック)はこちら
カラー:RACING BLACK-1(艶ありブラック)はこちら
カラー:RACING BLACK-2(艶消しブラック)はこちら
カラー:SILVER METAL-1(シルバーメタリック タイプ1)はこちら
カラー:SILVER METAL-2(シルバーメタリック タイプ2)はこちら
カラー:SUPER PEARL(パールホワイト)はこちら

※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

■商品番号
AS149.703WA

■商品概要
・製品仕様
フロントリムサイズ:3.50-17
リアリムサイズ:5.50-17
素材:鍛造用アルミニウム(Al) AA6009/T1
製造法:鍛造製法 (Forged)
付属品:アルミニウム製エアバルブ(L(90度)仕様)

●レース使用可能
●NEWリングタイプ・ダンパーシステム採用
●JWL規格適合品

カラー:SUPER WHITE(ソリッドホワイト)

■適合車種
▼SUZUKI
バンディット1200 01-05
バンディット1200S 01-05

■詳細説明
アルミニウム製ホイールの頂点を目指す新しい性能が、マルケジーニのラインナップに加わりました。
MotoGPで活躍する“M7R(Magnesium wheel)”の機能とデザインをダイレクトに継承したフルレプリカモデルである最新の鍛造製アルミニウムホイール…
“M7RS Genesi”
このホイールはレーシングホイールとしての資質はそのままに、耐久性・信頼性といった要素に対して最適なバランスを追求した高性能ロードゴーイング・ホイールです。
ライディングの歓びと同時に、機能最優先の設計から生まれる独自のデザインがもたらす質感によって、モーターサイクルのルックスは想像を超える魅力的なものへと変化を遂げます。
◆詳細製品スペック◆
【製造法】
[鍛造製法 Forged ]
・熱間鍛造
・専用金型採用(Exclusive Mold)
・多方向同時プレス鍛造(Total Formed Forging System)
・15000t級鍛造プレス
・CNC(コンピュータ制御)による最終形状切削加工仕上げ
【デザイン】
[7本スポーク]
レーシングホイールデザインをダイレクトに採用。
【基本構造】
[ハブ]
フロント・リアともに「中ぐり切削加工(画像6)」を施した中空ワンピース構造を採用。
※フロントホイールは「ディスクアタッチメント構造(画像7:左-ディスクアタッチメント無/右-ディスクアタッチメント有)」を採用する仕様があります。
※リアホイールは「ディスクアタッチメント構造(画像8)」を採用しています。
[スポーク]
基本フォルム(断面形状設計・軽量加工処理)はMotoGPモデルをダイレクトに採用。
[リム]
MT型チューブレス構造。
※使用目的への適応のため、ストリート/レーシングでは設計内容が若干異なります。
【ダンパーシステム】
NEWリングタイプ・ダンパーシステム採用(画像9)。
軽量化と同時に耐久性に配慮した新設計ダンパーシステム。
【関連部品】
ホイールを構成する部品素材は主にA7075系(超々ジュラルミン)を採用。
CNC切削加工仕上げにより製作されます。
軽量化と信頼性の両立を実現すると同時に機能美にこだわったデザインを追求。
表面処理はアルマイト仕上げ。
【塗装】
仕上げは耐久性に優れた高品質ウレタン塗装を採用。
【アルマイトモデル】
アルミニウム素材の特性を利用したアルマイト仕上げモデルを設定。
【安全基準】
JWL規格を基準とした安全レベルをクリアーした製品です。
【製造国】
イタリア (MADE IN ITALY)
【製造メーカー】
Brembo S.p.A.
Via Brembo.25 24035 CURNO (BG) Italy
【鍛造:Forged】
現在製造されているマルケジーニホイール(※1)は、マグネシウム製・アルミニウム製ともに「鍛造製法」によってつくりだされています。
鍛造とは、古くは鍛冶屋(かじや)の技術に起源があり、金属を希望する輪郭(形状)になるまで各方向からハンマーでたたいて(=鍛えて)製品をつくり上げる製法を言います。
ホイールの鍛造製法は高温状態の金属を高圧プレスで圧縮して「ブランク材(※2)」を成型することから始まりますがその原理と目的は同じです。
鍛造品の代表的な特徴は、この工程を踏むことによる「金属諸特性(強度、伸び率など)の向上」にあり、ホイールの場合は軽量化と安全性の向上において大きな期待ができる製法と言えます。
鍛造品の技術的観点における基本性能は、金属中の結晶粒度および熱処理状態によって決定します。しかし本来、鍛造によって得られる最大のメリットは金属組織中に生じる「MFD(Metal Flow Direction=金属流れ)」にあり、鍛造品質はこの特性の活用レベルによって差を生じます。
MFD特性を理解し最大限に活用することこそが理想的な鍛造製品を完成させる上での王道であり必須条件となります。
(※1) 対象ホイールはアフターマーケット用ホイール。車両メーカー向けOEMホイールを除きます。
(※2)圧縮成型後の切削加工仕上げ前の鍛造品の原型と言える素材。●鍛造された金属組織断面イメージ
鍛造することによって金属組織中の結晶粒度が高まり、金属の諸特性(強度・伸び率など)は向上します。結晶粒度のレベルは鍛造プレスの能力(圧力)に依存します。
また、鍛造品には圧縮により変形を受けた方向に金属組織が整列するという特性があり、金属組織中には植物の繊維や木材の木目のようなイメージのMFDがつくり出され、一般的に金属諸特性はMFDの方向と直角方向に最大値を示します。結果としてホイールという部品にとって理想的なMFD特性を与えた鍛造品をつくりあげることが性能向上の鍵を握っているのです。●多方向同時プレス鍛造法(Total Formed Forging System)
マルケジーニはMFD特性を最大限に活用した高品質鍛造品をつくりだすために専用鍛造金型(Exclusive Mold)を用いた多方向から圧縮が可能なプレス設備により鍛造をおこなっています。
このシステムの採用によってホイールという部品の各部の性能・信頼性を高めることができるのですが、その中でも最も有効な部分はリム部分の性能向上にあります。リムに作用する基本的な負荷(衝撃・荷重)は路面からほぼ直角に入力しますが、この鍛造法によってリム部には入力方向に対して最大値を示すMFDが形成されますので、軽量化と信頼性(耐久性)を高い次元で両立することができます。【構造:Structure】
マルケジーニから提供されるアフターマーケット向けホイールは、レーシングホイールはもちろんのこと、ストリート用ホイールについても“ハイパフォーマンス”の追求を最優先した設計・開発がおこなわれています。
ここではリアホイール(M10R Corse)のカットモデルを参考とした各部の解説をおこないます。
●ハブ部
ハブ内径を可能な限り大きく設計することがポイントとなります。その基本的な理由はハブ内径を大きく設計すること=ハブ剛性向上およびスポーク長さの短縮につながり、軽量と高剛性を両立できるからです。 ホイール全体の土台と言えるハブ構造に対するマルケジーニの設計思想は一貫しており、CNC切削加工によって最終仕上げがおこなわれる現在の鍛造ホイールにおいても、ハブ内部を手間のかかる「中ぐり加工」を施すことによって、軽量・高剛性の大口径中空ワンピース構造に仕上げています。
●スポーク部
スポークとはリムを支えるための柱であり、その構造によってリム部の軽量化と剛性に差が生じます。基本的にはスポーク本数が多いほどリム部軽量化に有利と言えますが、その理由はスポーク間距離が短くできるという単純なものです。ただし単にスポーク本数を多く設計したのではスポーク自体の質量が増えてしまい、ホイールの高性能化においてはマイナス要因となります。そのためリムの軽量化を目指しながらもホイール全体の剛性バランスなども含めた設計が要求されるのですが、マルケジーニはこの条件に真正面から向き合い、切削の難易度やコストが上昇することを承知した上で性能を最優先するためのスポークデザインと断面構造を追及しています。
●リム部
高性能ホイールにとってリム部分は回転慣性重量(モーメント)軽減のために最も軽量化を達成したい部分です。その効果はモーターサイクルという乗り物にとっては特に有効と言えますが、リムの軽量化は強度・耐久性(安全性)の観点からはとても慎重な設計が求められます。現在のマルケジーニホイールはハブおよびスポークとの総合的なバランスを追求することによるリム軽量化と同時に、理想的なMFD(Metal Flow Direction=金属流れ)を形成することのできる独自の鍛造製法を採用することによって、強さと軽さを兼ね備えたリム構造を確立しています。
●フィッティングパーツ
スプロケットホルダー・ディスクアタッチメント・サイドカラーといったホイールを構成する各部品は、ジュラルミン素材(A7075/A2017)をCNC切削加工することによって製作されています。関連部品の設計においても、こだわりをもって軽量化と機能美を追求しています。

■注意点
※専用スプロケットは別売扱いとなります。
※画像はスポーク形状のイメージのため、ハブの形状は車両によって異なる可能性がございます。
※各色の画像(画像5)はイメージです。ホイールの色は撮影および表示画面の関係で実際の色と異なって見えることがあります。


2005年07月28日

利用規約

MARCHESINI マルケジーニ ホイール本体 アルミニウム鍛造ホイール M7RS Genesi [ジェネシ] カラー:SUPER WHITE(ソリッドホワイト) バンディット1200 バンディット1200S:ウェビック  - 9142c

2019-07-13
カテゴリトップ>カスタムパーツ>足回り>ホイール関連>ホイール本体
【送料無料】ホイール関連 バンディット1200 バンディット1200S MARCHESINI マルケジーニ AS149.703WA
当店通常価格351,000円 (税込)
価格
351,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
メーカー在庫確認後、発送日は別途ご連絡
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

Seesaaの提供するサービス
Seesaa は、複数のサービスを提供します。Seesaaでは、今後も複数のサービスを追加、一時停止、終了する可能性があります。Seesaaで提供されるサービスを利用するために必要な機器、回線、ソフトウェア、そのほか一切の手段はアカウント登録者を含む利用者自身でご用意していただく必要があります。 Seesaaは、サービスの安定的な提供、品質、内容、サービスの利用に伴う結果および効果などは一切保証しておりません。また、Seesaaはサービスを利用したことに起因する直接的または間接的な損害に関して一切責任を負わないものとします。
利用料金
Seesaaの提供する各サービスの有料プランを利用する場合には、本規約および各サービス規約のほか、次の規定が適用されます。
1.利用者は、Seesaaに対し、有料プランの対価として別途Seesaaが定める利用料金を支払うものとします。
2.Seesaaが指定する決済手段が可能な利用者に限り、利用できるものとします。
3.利用者への有料プランの提供の開始手続きおよび更新手続きは、Seesaaが当該利用者からの利用料金の支払いを確認できた場合に限り行われます。
4.本規約に従い、利用者から、既にSeesaaに支払われた有料プランの利用料金は、いかなる理由があっても返還いたしません。
5.Seesaaは、有料プラン支払期限日までに利用者からの利用料金の支払いが確認できない場合、当該利用者への有料プランの提供を、事前に通知することなく、停止できるものとします。
6.Seesaaは、有料プランの利用料金を予告なく変更することができるものとします。利用料金の変更を行う場合は、Seesaaサービスお知らせ欄、各サービスページおよび各有料プランのトップページに告知を行います。
7.利用者自らの責任により本サービスが利用できない場合、Seesaaは提供サービスの補填は行いません。
8. Seesaaは、有料プランによって行われた代金決済についての領収書等は発行いたしません。
サービスの変更
Seesaa は、サービスの全部または一部をアカウント登録者を含む利用者に事前に告知することなく変更することができるものとします。Seesaaはアカウント登録者を含む利用者および第三者に対してサービスの変更に起因する直接的または間接的な損害に関して一切責任を負わないものとします。
サービスの一時停止および終了
Seesaa の提供するサービスの全部または一部について提供が困難または不可能となった場合は、事前の告知なしにサービスの全部又は一部をSeesaaの判断で一時停止および終了することができるものとします。また、定期的もしくは緊急にサービスの保守、点検、改修などを行う場合、システム不良などによりサービスを提供できない場合、その他Seesaaが必要と判断した場合などにも事前の告知なしにサービスの全部又は一部をSeesaaの判断で一時停止および終了することができるものとします。Seesaaはいかなる場合であっても、アカウント登録者を含む利用者および第三者に対して、サービスの一時停止および終了に起因する直接的または間接的な損害に関する一切の責任を負わないものとします。
プライバシーポリシー
Seesaaは、本サービス等の提供に際して、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)および関連法令並びに各ガイドラインを遵守するとともに、Seesaaが業務上使用するお客様の個人情報について、 プライバシーポリシー を策定遵守し、個人情報を適法かつ適正に取り扱います。Seesaaのサービスを利用する前に必ず詳細をご確認ください。
アカウントの登録
Seesaa のサービスを利用するためにはアカウント登録が必要な場合があります。アカウント登録は、Seesaaの定める所定の方式により行うものとします。アカウント登録が完了すると、本規約および各サービスごとの規約に同意したものとみなします。アカウント登録者が未成年者、被保佐人または民法第17条第1項の審判を受けた被補助人のいずれかの場合には、それぞれ法定代理人、未成年後見人、保佐人、補助人の同意を得て申込むものとします。登録されたアカウントにかかる本規約上の権利、義務その他Seesaaのサービスの提供を受ける地位の全部または一部について、譲渡、担保提供、貸与その他の処分をすることはできないものとします。アカウント登録者は真実かつ正確な情報をSeesaa に登録し、内容の変更がある場合は速やかに自ら修正し、常に登録情報が真実かつ正確であるよう管理する義務を負うものとします。Seesaaが登録情報が真実かつ正確でないと判断した場合、Seesaaはアカウントの削除およびサービスの利用を拒否する権利があるものとします。また、Seesaaは、アカウント登録者を含む利用者および第三者に対して、アカウントが登録されたことに起因する直接的または間接的な損害に関する一切の責任を負わないものとします。
アカウントとパスワードの管理
アカウント登録者は、登録されたアカウントとパスワードを自己の責任のもと管理するものとします。アカウントならびにパスワードを利用して行われた行為は、不正に使用された場合においてもアカウント登録者の故意、過失の有無に関わらず当該登録者の責任とみなします。また、サインインをしてSeesaaのサービスを利用した場合には、利用を一時中断もしくは終了する際に必ずサインアウトを行ってください。サインアウトを怠ると、第三者がアカウント登録者になりすまし、Seesaaのサービスを利用することが出来てしまいますのでご注意ください。Seesaaは、アカウントまたはパスワードの不正使用に起因する直接的または間接的な損害に関する一切の責任を負わないものとします。
アカウントの有効期間
アカウントの有効期間は、登録から1年間とします。アカウントの有効期間は、満了になりしだい自動的に有効期間が1年間延長されるものとし、以後も同様の取扱いとします。ただし、本規約に別の定めのがある場合は、その限りではありません。
アカウントの削除
アカウント登録者は、Seesaaが定める所定の方式により、アカウントの有効期限内でもアカウントの削除を行うことができます。Seesaaは、アカウントの有効期限に関係なくSeesaaの判断によりアカウントを削除することがあります。その際、Seesaaはアカウント削除の理由を説明する義務はないものとし、削除されたアカウントに関連する全てのサービスへのアクセスを拒否できるものとします。アカウントが削除されると、保存データ、履歴、ポイント、アカウントが有する権利および情報などアカウントに付属する一切が無効または削除されるものとします。Seesaaは、アカウント削除されたアカウント登録者および第三者に対して、アカウント削除に起因する直接的または間接的な損害に関する一切の責任を負わないものとします。
情報およびコンテンツ
Seesaa のサービスを媒体として、アカウント登録者を含む利用者が投稿、掲載、開示、提供、送付、送信、頒布または販売などをするソフトウェア、音楽、音、画像、図面、図画、地図、写真、映像、ゲーム、動画、ビデオ、情報、データベース、文字記号、図形、文章、解説、表記、表現、権利、サービス、商品、データ、レビュー、コメント、リンクなどのあらゆる情報およびコンテンツに関する一切の責任は、アカウント登録者を含む利用者自身が負うものとします。また、アカウント登録者を含む利用者からSeesaaに送信された情報およびコンテンツにつき、アカウント登録者を含む利用者は、日本の国内外で、無償で、非独占的に、それらの使用、複製、変更、削除、翻案、翻訳、掲載、開示、提供、二次著作物の作成、配布などができる権利をSeesaaに許諾し、同一性保持権などを含む著作者人格権を行使しないことに同意したものとみなします。Seesaaでは、アカウント登録者を含む利用者がSeesaaのサービスを媒体として投稿、掲載、開示、提供、送付、送信、頒布または販売などをする情報およびコンテンツの品質、内容、効果、適法性などの管理および確認を行うことはありません。Seesaaは、アカウント登録者を含む利用者および第三者に対してSeesaaのサービスを媒体として投稿、掲載、開示、提供、送付、送信、頒布または販売などをする情報およびコンテンツの内容や使用に起因する直接的または間接的な損害に関して一切責任を負いません。
(補足説明)Seesaaブログサービスにおける著作権の取り扱いについて
掲載広告
Seesaa のウェブページおよび電子メール上に掲載される広告に関する責任は、当該広告主にあるものとします。Seesaaは、アカウント登録者を含む利用者および第三者に対して掲載された広告に起因する直接的または間接的な損害および広告を掲載したこと自体に起因する直接的または間接的な損害に関して一切責任を負いません。
Seesaaの知的財産権
Seesaa のサービスに含まれる工業所有権、ノウハウ、プログラム、著作権その他の知的財産権およびそれらに関連する全ての権利はSeesaaに帰属するものとし、あらかじめSeesaaより書面による承諾を得た場合を除いて、これらの複製、販売などはできないものとします。Seesaaの提携先、Seesaaから業務の委託を受けた代行業者およびSeesaaから指定された管理者は、アカウント登録者を含む利用者が提供した情報について、それらを複製、頒布する権利および削除する権利を有するものとします。
第三者の知的財産権の尊重
Seesaa は、第三者の知的財産権を尊重します。Seesaaのサービスを利用するアカウント登録者を含む利用者も、第三者の知的財産権を尊重する必要があります。万が一、Seesaaのサービス上でご自身の著作物が著作権侵害された場合は、以下の内容を書面にてお送りください。なお、お送り頂いた書面は如何なる理由であってもお返しできませんのでご了承ください。また、書面をお送り頂くことによってSeesaaが何らかの行為を行うことを保証するものではないことをご了承ください。
1.著作権者または著作権者を代理する権限のある方の氏名、捺印、住所、電話番号、電子メールアドレス
2.著作権侵害された著作物の作品名、作品説明、著作権侵害の内容と法律的根拠のある説明
3.著作権侵害された原著作物が掲載、保管、保存されている場所
4.著作権侵害をしているSeesaaのサービス上のURLおよび画面のキャプチャ画像
5.書面の内容が真実で、書面の作成者が著作権所有者かその代理であることを示す書類
禁止事項
Seesaaは、アカウント登録者を含む利用者が、Seesaaおよび他のアカウント登録者を含む利用者ならびに第三者に対して、以下の行為を行うことを禁止します。
1.損害を与える行為
2.名誉を毀損する行為
3.侮辱する行為
4.権利を侵害する行為
5.プライバシーを侵害する行為
6.いやがらせとなる行為
7.誹謗中傷する行為
8.罵詈雑言をあびせる行為
9.嫌悪感を与える行為
10.差別的な行為
11.倫理的に問題のある行為
12.品性を欠く行為
13.特定の利用者にしか理解のできないことを行う行為
14.他のアカウント登録者を含む利用者および第三者の混乱または誤解を招く行為
15.嘘偽りのある行為
16.わいせつ的な表現を行う行為
17.暴力的・残虐的な表現等を行う行為
18.公職選挙法に違反する行為
19.宗教に関する勧誘活動とこれらに類似する行為
20.Seesaaのサービス運営に支障をきたす行為
21.Seesaaのサービスを妨げる行為
22.法令に違反する行為
23.アカウントおよびパスワードを不正目的で取得または使用する行為
24.他のアカウント登録者を含む利用者および第三者に対して迷惑となる行為
25.ウイルスなどの有害なプログラムを投稿、掲載、開示、提供、送付、配布もしくは販売する行為
26.他のアカウント登録者を含む利用者の個人情報を収集する行為
27.システムのバグ、セキュリティホールを利用する行為
28.システムおよびプロトコルの改ざん、解析、集計、二次利用、リバースエンジニアリング、逆アセンブルする行為
29.他のアカウント登録者を含む利用者および第三者を挑発する行為
30.その他Seesaaが不適切と判断する行為
31.1から30に該当する恐れもしくはつながる可能性のある全ての行為
アカウント登録者を含む利用者が違反行為を行い、Seesaaおよびアカウント登録者を含む利用者ならびに第三者に対して損害を与えた場合、当該違反者は損害を与えた者に対してその責任の全てを負い、損害の全てを賠償するものとします。Seesaaは、違反行為とそれに関連する事由に起因する直接的または間接的な損害に関して一切責任を負わないものとします。
通知および連絡
Seesaa は、アカウント登録者を含む利用者もしくは第三者に対して通知および連絡の必要があると判断した場合、電子メールまたは郵便を用いて行います。 Seesaaからアカウント登録者を含む利用者もしくは第三者に対する電子メールまたは郵便による通知および連絡は、事前に登録・指示された電子メールアドレス・住所等に発信・発送することにより行います。この場合Seesaaは、Seesaaからの通知および連絡が遅延、不着に起因する損害について一切の責任を免れるものとします。Seesaaは、アカウント登録者を含む利用者もしくは第三者からの電話、来訪による通知および連絡は受け付けておりません。
掲載情報の削除
Seesaaは、アカウント登録者を含む利用者がSeesaaのサービス上に掲載した情報(以下「掲載情報」といいます。)について、以下に該当するとSeesaaが合理的に判断した場合、通知することなく掲載情報を削除することができるものとします。
1.本規約、各サービスの利用規約およびガイドライン等の禁止事項に該当すると判断したとき
2.他のアカウント登録者を含む利用者又は第三者より、Seesaaに対し、掲載情報により自己の権利が侵害されたとして該当の情報の送信防止措置依頼の申出があった場合で、Seesaaから掲載情報の送信防止措置を講ずることに同意するかどうかの意見照会に対し、定められた期限内に「送信防止措置を講ずることに同意しない」旨の回答、又は何らの回答もない場合
3.Seesaaに対し、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(いわゆるプロバイダ責任制限法)第3条の2第2号に定める申出があった場合であって、アカウント登録者を含む利用者が公職選挙法第142条の3第3項に規定する「電子メールアドレス等」を、同項又は同法第142条の5第1項の定めに従って表示していないとSeesaaが判断した場合
4.2および3により削除された掲載情報が再度掲載されたとSeesaaが判断した場合
Seesaaは、掲載情報を削除されたアカウント登録者を含む利用者および第三者に対して、掲載情報、掲載情報が削除されたこと、掲載情報が削除されないことに起因する直接的または間接的な損害に関する一切の責任を負わないものとします。
免責事項
1.Seesaa は、必要に応じてアカウント登録者を含む利用者から預かった情報、コンテンツおよびデータの保存量、保存期間、またはメールボックスの容量、メールの送受信数、保存期間、または掲示板への掲載回数、保存期間、または利用可能なディスク容量、保存期間、またはアクセス時間などのサービスの利用に関する制約を設けることができる権利を保有するものとします。
2.Seesaaは、一定期間にわたって使用されないアカウントを削除する権利を保有するものとします。
3.Seesaaは、アカウント登録者を含む利用者が投稿、掲載、開示、提供、送付、送信、頒布または販売などをした情報ならびにコンテンツ、利用履歴、通信内容、保存データ、ポイント、アカウントが有する権利および情報などの一部あるいは全部を削除し、それらを保存しなかったことについて故意、過失の有無に関わらず一切の責任を負わないものとし、アカウント登録者を含む利用者および第三者に対して前記事由に起因する直接的または間接的な損害に関しても一切責任を負わないものとします。
4.Seesaaは、サービスに関連してアカウント登録者を含む利用者およびSeesaaによる不完全あるいは不適切な内容、提供方法に起因する直接的または間接的な損害があった場合であっても、故意、過失の有無に関わらずアカウント登録者を含む利用者または第三者に対して一切の責任を負わないものとします。

紛争
Seesaa のサービスを媒体として、ユーザが投稿、掲載、開示、提供、送付、送信、頒布または販売などをするソフトウェア、音楽、音、画像、図面、図画、地図、写真、映像、ゲーム、動画、ビデオ、情報、データベース、文字記号、図形、文章、解説、表記、表現、権利、サービス、商品、データ、レビュー、コメント、リンクなどのあらゆる情報およびコンテンツ、その他の事由に起因する、アカウント登録者を含む利用者間の紛争、利用者と第三者との間の紛争は、利用者が各自その費用と責任において解決するものとし、Seesaaは何らの義務、費用、および一切の責任を負わないものとします。
本規約の変更および改定
Seesaa は、アカウント登録者を含む利用者の事前の承諾なく本規約を独自の判断により変更および改定することができるものとします。最新の利用規約は、 Seesaaサービスのウェブサイト上で常にご確認頂けます。アカウント登録者を含む利用者は、変更および改定の不承諾および不知を申し立てることはできないものとします。利用者は、本規約に同意できない場合は、Seesaaへのアクセスを停止し、サービスを利用しないでください。アカウント登録者は、本規約に同意できない場合は、Seesaaが定める所定の方式により、アカウントの削除を行ってください。また、Seesaaは、アカウント登録者を含む利用者および第三者に対して本規約の変更および改定に起因する直接的または間接的な損害に関して一切責任を負わないものとします。
準拠法・裁判管轄
本規約は、日本法に準拠し解釈されるものとし、訴訟による解決の必要が生じた場合は、その訴額に応じて東京簡易裁判所又は東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2016年12月7日改定
2013年7月4日改定
2009年9月7日改定

posted by Seesaa at 15:23 | 利用規約



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。